<   2010年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

白馬山荘~白馬岳~雪倉岳~朝日岳~五輪尾根~白馬岳蓮華温泉ロッジ


初めての山小屋。テント泊とは違う快適な環境の山小屋。あったかい山小屋の布団で爆睡・・・。
のはずがまったく!眠れずに朝を迎えてしまった。。。「うたた寝」程度しかできなかったが体の疲れは取れていてスッキリしていた。

5:00 起床。

起きてすぐに外を見てみるとガスが多めに出ていたが雨は降っていない!身支度を済ませて自炊場でアルファ米inお茶漬けと売店で買ったパンで朝ごはんにした。コーヒー飲んでマッタリ。。。

6:00 白馬山荘 出発。

外に出てみれば昨日までの暴風雨がウソかのような快晴!イッキにテンションも上がる!一人でニヤケながらまずは白馬岳へ。
f0225414_2229335.jpg

ここに来るのは今回で三回目。やっと絶景を見ることができた!サイコーだ!
f0225414_22342658.jpg
f0225414_223613.jpg

動画も撮ってみた→
 
頂上には20分はど居たかな?今日も先が長いのでゆっくりと走りだす。
「雪倉岳」までのトレイルを気持ちよく下っていく。と、凄い勢いで登ってくる人が。。。なんと!Sky High Mountain Works のオーナーの北野さんだ!昨日の悪天候の中を栂海新道から来て「雪倉岳避難小屋」で一泊したとのこと!タフな人だ。。。
f0225414_2249488.jpg


「雪倉岳」目指してどんどん下っていく。
f0225414_2252224.jpg

動画も→

7:42 雪倉岳

足の疲れもまったく無く、すごく調子がいいぞ!次は「朝日岳」目指して進む。だんだんと太陽も高くなってきて気温も上昇。今日は暑くなりそうだ。
f0225414_2303563.jpg

雪倉岳の下りはガレ場。途中で少しガスが上がってきたが気にならない程度、火照った体にはヒンヤリして気持ちよかった。しばらく走ると木道もあったりして走りやすい。
f0225414_23143116.jpg

木道をしばらく走ると、いよいよ「朝日岳」の急登の始まり、ほぼ直登の結構キツイ登りだった。。。しかも背の高い樹林帯で景色はイマイチ。

9:10 朝日岳

大汗かきながらやっと頂上到着。山頂は広くてベンチまである。10分ほどレスト。
f0225414_23291373.jpg


9:24 吹上のコル

少し下るとすぐに着いた。ここまではコースタイム7時間25分の所を約3時間半で来れた!順調!ここは北アルプスのゼロポイントへと抜ける栂海新道との分岐点だ。自分も何時かは親不知~上高地までいってみたい。
f0225414_23371950.jpg

残すは、「五輪尾根」の長ーい下り。地図には「ぬかるみの道」「ザレた尾根」と書いてあって多少の不安があったが全然気にならなかった。それよりも、果てし無く続く木道が大変だったなー。雨天の時は絶対に下りたくない所だった。。。
f0225414_013112.jpg

f0225414_035298.jpg


10:50 白高地沢

f0225414_012542.jpg


水がギンギンに冷たい!ここまでずっと激下りでさすがに足はヤラレ気味。足をアイシングしたり、顔洗ったりしてリフレッシュ!生き返った!!
この辺りからは結構アップダウンのある森の中のトレイル、さすがに疲れてきた。最後のご褒美まで、もう一息!

11:58 蓮華温泉
f0225414_031784.jpg

着いたー!一息ついてから入浴料800円払って温泉へ。乳白色の湯。気持ちよかった!帰りのバスの時間までたっぷりあったので一時間くらい入っていたかな。
f0225414_0344481.jpg


二日目は28キロ。コースタイム12時間35分の所を約6時間で来れた。二日連続でしかも二日目はほぼ下りでさすがに疲れた。それでもとにかく凄く楽しかった!

人気ブログランキングへclick!
アルプス平~遠見尾根~唐松岳~天狗山荘~白馬山荘


お盆休みの16~17日に今度は一人で、北アルプスの白馬岳に行ってきた!
15日に近所のアウトドアショップの「パーマーク」でアルファ米やお気に入りのドライカレーなどなど調達して忘れ物がないように入念に、しかも今回の山旅はトレイルランスタイルで行くためできるだけコンパクトにパッキングしたつもりでもバックパック総重量は6㎏(水1.5L)になった。パッキングに手間取って5時ぐらいに白馬五竜スキー場へ出発。この日はスキー場の駐車場で車中泊。。。。

7:00 起床。
スキー場のゴンドラの営業が8時から。腹ごしらえしてゆっくり支度を済ませて「とおみ駅」へ。この時はまだ雨は降っていないが山の上には厚い雲が覆われていた。。確実に山の上は雨が降ってるみたい。。
f0225414_23171884.jpg


駅には自分を含めて10人ほどの登山者がいた。天候がイマイチだったため人は少ない。
ゴンドラに乗ってたったの8分で標高1530mの「アルプスだいら」までヒトッ飛び!

8:30 出発!
ガスも出ていて、すでに雨もパラパラ降っていた。どうせ汗でビショビショになるのだから多少の雨など気にせずゆっくり歩き出します。
f0225414_23351142.jpg

小遠見山、中遠見山、大遠見山、西遠見山を順調に進んで行きます。晴れていれば眺めもいいはず。しかもこれから行く唐松岳、白馬岳の稜線はガスガスで全く見えません。。
f0225414_23495244.jpg
f0225414_23501219.jpg


10:38 遠見尾根分岐。

コースタイム5時間半の所を2時間弱で「遠見尾根分岐点」に到着。こっからの稜線が大変だった!ここの稜線は今回で三度目だったので分かってはいたが、稜線に出たとたんに東からの強風と横殴りの雨。。写真を撮っているだけでどんどん体温が奪われていきます。。寒さに備えてフーディニーを着込ん先を急ぎます。
f0225414_08210.jpg

濃いガスで景色は何も無し。唐松岳目指してひたすら走ります。。
f0225414_014322.jpg


11:33 唐松岳頂上山荘。

寒さに耐えながら淡々と走って「唐松岳頂上山荘」に着いた。先は長いので、ここではトイレを借りて、ジェルを補給したぐらいで休まずに天狗山荘に向けて出発。
f0225414_0234196.jpg

唐松岳を過ぎて今回一番の難所の不帰キレット&天狗ノ大下りへ突入。不帰キレットは足場の悪い岩場に鎖場や梯子などある難所だ。しかも雨で岩場はカナリ滑る。ここは急がずに慎重に行きます。
f0225414_040391.jpg

天狗ノ頭。ここまでくれば一安心。
f0225414_047185.jpg


13:42 天狗山荘。

コースタイム5時間20分の所を2時間弱で「天狗山荘」に到着。ここには無料休憩所があるのでありがたく使わせてもらってお昼御飯にする事にした。ここまでの道のりは強風と雨で本当に寒かった。鼻水出るし、手は悴んだ。。気温13℃だった。
f0225414_112384.jpg

貸し切り状態の山荘。。自分一人だけだ。。
f0225414_114878.jpg


エネルギー補給して出発!ここからも濃いガスの中ひたすら走って、白馬三山の「鑓ヶ岳」「杓子岳」を順調に過ぎて行きます。
f0225414_116212.jpg

この標識が見えれば白馬山荘まで残りわずかだ!
f0225414_1202743.jpg


15:40 白馬山荘。

暗くなる前になんとかやっと着いた!!最初の予定ではビバークするつもりでいたのだが、あまりの暴風雨のために迷わずに山小屋に泊まる事にした。しかもこの時が山小屋初体験!-20℃の雪山でも山小屋を使ったこと無いのだけど濡れた体に暴風雨は冬山よりキツイかも・・・。
f0225414_1374324.jpg

貧乏人にはイタイが夕食付の一泊8千円にした。白馬山荘はとっても綺麗でとっても快適だった!
f0225414_1464162.jpg

f0225414_148070.jpg

17時待ちに待った夕飯!今日はトンカツでした!肉がとっても柔らかくてウマイ!ご飯&味噌汁はおかわりし放題!ご飯は四杯も頂きました。
f0225414_1541229.jpg


夕食後は濡れた物を乾かしたり、ストレッチしたり、明日のルート確認をしたりして、明日は晴れることを祈りつつ9時にはあったかい布団の中へ・・・・・。

一日目は約27キロ。コースタイム16時間半の所を7時間ぐらいで来れた。まずまずのタイムだ。足の筋肉もまだまだ元気。

Day2につづく。

人気ブログランキングへclick!
昨日の夜からの激しい雨と激しい風。夜中にはテントのバタつく音で何度か目が覚めた・・・。そんな中でも嫁さんと息子は朝まで爆睡・・・。

6:30 起床。
天気予報はバッチリ!当たって雨と濃いガス。天候の回復も見込めないので今回の目的地の雲ノ平は諦めて下山する事にした。
f0225414_23214121.jpg


そそくさと片付けて、太郎平小屋まで行って朝食にする事に、太郎小屋のラーメンを食べようかと思ったがラーメンなどが食べられるのが10時からとの事・・・。ガッカリ。。しょうがなくパンとアルファ米にお茶づけの素を入れて食べる事にした。
f0225414_2332418.jpg
f0225414_2332227.jpg


10:00 下山開始。
エネルギー補給もして、一気に登山口まで下る事にした。
f0225414_23351339.jpg

 
どんどん下るにしたがって雨が強くなってきた。そんな中でも下りのリズムカルな揺れが気持ちいいみたいで
息子は夢の中へ・・・。しかし、感心するほど本当にどこでも寝れる子だ。。

順調に下っていって樹林帯に入る手前にはトレイルが川みたいになっていた。
f0225414_23411684.jpg
f0225414_23413579.jpg

やっとお目覚め。
f0225414_2343274.jpg


12:30 駐車場。
コースタイムよりもだいぶ早く着いた。ちょっととばしすぎて足がヤラレ気味。
しかも駐車場に着いたとたんに雨まで止んだ。。まったく。。。
f0225414_23472747.jpg

下山後は近くにあった温泉の「薬師岳の湯」で汗を洗い流してサッパリ!!して帰った。

今回の久しぶりの「家族登山」は全然思うように行かずにダメダメだったが、いい経験ができたと思う。今度は天気のいい日に4泊5日ぐらいかけてゆっくり歩いて高天原温泉まで行ってこようかな!!

人気ブログランキングへclick!!
「山と渓谷」8月号にも特集されていた事と、比較的歩きやすいだろうと思って久しぶりに家族で登山に行く事にした!
12日の夜に出発して折立の駐車場に向かう。。。ところが有峰林道が20時~6時まで通行止め。ゲート前の駐車場でテントを張って寝る事に。

6:00
嫌になるほど長ーい、有峰林道を車で走って折立駐車場に到着。

7:30 薬師岳登山口。
お盆休みだけあって大勢の人がいた。天気がイマイチ。。雨が降らない事を祈りながら出発。
f0225414_23325992.jpg


樹林帯の太郎坂の急坂を登って、見晴らしのいい所で最初の休憩。
f0225414_23474799.jpg


整備された登山道を進みます。辺り一面は草原。風も気持ちいいー!
f0225414_055267.jpg

f0225414_085021.jpg

お尻が。。。息子も転びながら、がんばって歩く歩く。
f0225414_0115581.jpg


五光岩ベンチを過ぎて木道の辺りから天気もあやしくなって雨が降ったり。止んだり。。。
f0225414_016492.jpg


12:30 太郎平。
もう少し先に進みたかったが天気がだんだん崩れてきたので、今日は「薬師峠キャンプ場」でテントを張ることにした。
f0225414_028385.jpg

f0225414_0295221.jpg

テント張って、 カップラーメンと嫁さんの握ったおにぎりで早速お昼ごはんに!
f0225414_038992.jpg

カンパーイ!
f0225414_0383483.jpg


お昼寝してから残りの時間は、辺りを息子と探索したりして遊んでるうちにいつの間にかテントも凄い数に。。
f0225414_0585020.jpg

18時くらいからだんだん風、雨が強くなってテントに逃げ込んだ。事前の天気予報からあまり期待はしていなかったが、今回のもう一つ楽しみにしていた13日にピークだったペルセウス座流星群もまったく見れずに20時には三人で夢の中へ。。。

二日目につづく。

click!
今年もこの日がやってきた!毎年、楽しみにしている「長岡まつり」。
f0225414_224494.jpg


長岡まつり恒例の花火大会は、全国的にも有名な花火大会でなんといっても信濃川河川敷をめいっぱい使ってあげる花火はスケールが凄い!!
伝統の「正三尺玉」 中越地震復興祈願花火「フェニックス」 NHK大河ドラマ天地人の「天地人花火」などなど、凄まじい花火が2日と3日で約2万発が打ちあがる!

花火も凄いが、見物人の人数も凄い!二日間で約90万人の人が見に来ます!!ちなみに、長岡の総人口が30万人です。。。
f0225414_22293481.jpg

信濃川の両岸には人がびっしり!!
f0225414_22313193.jpg


動画も撮ってみた。

2日のメイン花火。

「天地人」 ★

「ナイアガラ」&「正三尺玉」 

「ニューフェニックス」 ★

3日のメイン花火。この日は家の屋上に上がって少し離れたアングルから撮ってみた。

「天地人」 

「正三尺玉」 、オレンジ色は新色!

「ニューフェニックス」 ★

今年は一段とスケールアップしていたみたいだ。今年は企業や市民からの協賛金が去年より739万円多い1億2865万円も集まった。長岡まつりは市民からとても愛されている祭りだ!今年の長岡まつりもとっても楽しかった!