カテゴリ:トレラン( 50 )

f0225414_22575028.jpg

「OSJおんたけスカイレース」に参戦してきた!標高900m地点のスタートから御嶽山山頂の3076mまで一気に駆け登ってから、約6kmのお鉢巡りをぐるりと回ってからゴール目指して一気に下る!!全長37kmの山岳レース。しかもゴールはスタート地点よりもさらに下ってゴールとなる。最後の最後に約7kmのロードランがメチャクチャ辛かったー!まだまだ走力が足りませんね。。
f0225414_22592224.jpg

f0225414_2342087.jpg


参加者560人/完走者493人(完走率88%)

タイム7:29:08/順位107位/年代別順位48位
アルプス平~遠見尾根~唐松岳~天狗山荘~白馬山荘


お盆休みの16~17日に今度は一人で、北アルプスの白馬岳に行ってきた!
15日に近所のアウトドアショップの「パーマーク」でアルファ米やお気に入りのドライカレーなどなど調達して忘れ物がないように入念に、しかも今回の山旅はトレイルランスタイルで行くためできるだけコンパクトにパッキングしたつもりでもバックパック総重量は6㎏(水1.5L)になった。パッキングに手間取って5時ぐらいに白馬五竜スキー場へ出発。この日はスキー場の駐車場で車中泊。。。。

7:00 起床。
スキー場のゴンドラの営業が8時から。腹ごしらえしてゆっくり支度を済ませて「とおみ駅」へ。この時はまだ雨は降っていないが山の上には厚い雲が覆われていた。。確実に山の上は雨が降ってるみたい。。
f0225414_23171884.jpg


駅には自分を含めて10人ほどの登山者がいた。天候がイマイチだったため人は少ない。
ゴンドラに乗ってたったの8分で標高1530mの「アルプスだいら」までヒトッ飛び!

8:30 出発!
ガスも出ていて、すでに雨もパラパラ降っていた。どうせ汗でビショビショになるのだから多少の雨など気にせずゆっくり歩き出します。
f0225414_23351142.jpg

小遠見山、中遠見山、大遠見山、西遠見山を順調に進んで行きます。晴れていれば眺めもいいはず。しかもこれから行く唐松岳、白馬岳の稜線はガスガスで全く見えません。。
f0225414_23495244.jpg
f0225414_23501219.jpg


10:38 遠見尾根分岐。

コースタイム5時間半の所を2時間弱で「遠見尾根分岐点」に到着。こっからの稜線が大変だった!ここの稜線は今回で三度目だったので分かってはいたが、稜線に出たとたんに東からの強風と横殴りの雨。。写真を撮っているだけでどんどん体温が奪われていきます。。寒さに備えてフーディニーを着込ん先を急ぎます。
f0225414_08210.jpg

濃いガスで景色は何も無し。唐松岳目指してひたすら走ります。。
f0225414_014322.jpg


11:33 唐松岳頂上山荘。

寒さに耐えながら淡々と走って「唐松岳頂上山荘」に着いた。先は長いので、ここではトイレを借りて、ジェルを補給したぐらいで休まずに天狗山荘に向けて出発。
f0225414_0234196.jpg

唐松岳を過ぎて今回一番の難所の不帰キレット&天狗ノ大下りへ突入。不帰キレットは足場の悪い岩場に鎖場や梯子などある難所だ。しかも雨で岩場はカナリ滑る。ここは急がずに慎重に行きます。
f0225414_040391.jpg

天狗ノ頭。ここまでくれば一安心。
f0225414_047185.jpg


13:42 天狗山荘。

コースタイム5時間20分の所を2時間弱で「天狗山荘」に到着。ここには無料休憩所があるのでありがたく使わせてもらってお昼御飯にする事にした。ここまでの道のりは強風と雨で本当に寒かった。鼻水出るし、手は悴んだ。。気温13℃だった。
f0225414_112384.jpg

貸し切り状態の山荘。。自分一人だけだ。。
f0225414_114878.jpg


エネルギー補給して出発!ここからも濃いガスの中ひたすら走って、白馬三山の「鑓ヶ岳」「杓子岳」を順調に過ぎて行きます。
f0225414_116212.jpg

この標識が見えれば白馬山荘まで残りわずかだ!
f0225414_1202743.jpg


15:40 白馬山荘。

暗くなる前になんとかやっと着いた!!最初の予定ではビバークするつもりでいたのだが、あまりの暴風雨のために迷わずに山小屋に泊まる事にした。しかもこの時が山小屋初体験!-20℃の雪山でも山小屋を使ったこと無いのだけど濡れた体に暴風雨は冬山よりキツイかも・・・。
f0225414_1374324.jpg

貧乏人にはイタイが夕食付の一泊8千円にした。白馬山荘はとっても綺麗でとっても快適だった!
f0225414_1464162.jpg

f0225414_148070.jpg

17時待ちに待った夕飯!今日はトンカツでした!肉がとっても柔らかくてウマイ!ご飯&味噌汁はおかわりし放題!ご飯は四杯も頂きました。
f0225414_1541229.jpg


夕食後は濡れた物を乾かしたり、ストレッチしたり、明日のルート確認をしたりして、明日は晴れることを祈りつつ9時にはあったかい布団の中へ・・・・・。

一日目は約27キロ。コースタイム16時間半の所を7時間ぐらいで来れた。まずまずのタイムだ。足の筋肉もまだまだ元気。

Day2につづく。

人気ブログランキングへclick!
ゴール後は、デポテントでしばらく休憩したのち、宿の温泉で汗を流して夕飯を食べに温泉街へ。。。
f0225414_23104285.jpg

f0225414_23113350.jpg


飲食店は色々たくさんあった。そんな中、お店の名前は忘れたが老夫婦が営んでいる食堂でハンバーグ定食を食べたが、ボリュームが凄かったなー!!
お腹も満腹になって、温泉街の商店をぶらり見て歩いていると、疲れ果てた顔したランナーがちらほらゴール目指してみんながんばっていた!私と妻と息子で思いっきり応援した!!
f0225414_23124417.jpg
f0225414_23131161.jpg
f0225414_23133072.jpg

宿に戻ってから、妻と完走を祝してビールで乾杯!この日のビールはサイコー!にうまかったなー!


20日表彰式
f0225414_23242564.jpg

優勝した望月さんは一足先に帰ったらしく、会場には来ていなかった。
f0225414_23265388.jpg

f0225414_23272981.jpg

1位50万円2位20万円3位10万円!!賞金も凄いが、なんといってもタイムが凄い!総合優勝の望月さんのタイムはなんと「6:40:15」私のタイムの半分以下の時間でゴールしている!次元が違いすぎる・・・。

その後は「豪華景品ジャンケン大会」なんかもあったり、地元で取れた「開運バナナ」や「キュウリ」の差し入れもあったりと楽しかった!

楽しい三連休もあっという間に終わった。来年も第二回が開催されたら、たぶん・・・参戦すると思う!
セクション2は野沢温泉スキー場から少し離れて、「北竜湖」「小菅神社」をぐるっと回ってくるコースだ。

一部、舗装道路と林道を走ると、あっという間に「北竜湖」に着いた。
f0225414_23191673.jpg

「北竜湖」の湖岸を半周ほどして、「小菅神社」の登り入り口へ。
f0225414_23195934.jpg


ここからが想像していた以上にハードな登りだった! 神社への参道なんてたいした事ないだろうと思っていたが・・・。いきなり大きな石畳の階段は苔で滑る!滑る!そこを過ぎると、キツイ斜面のシングルトレイル!あと鎖場もあった! 神社に行く参道でこんな所を行かなきゃ行けない神社は他に無いんじゃないかな。。
f0225414_23323512.jpg

f0225414_23363716.jpg


やっと着いた!「小菅神社」
f0225414_23424373.jpg


ここからの下りは段差のキツイ階段。先はまだ長いので足がやられないようにゆっくり走った。だいぶ下るとオリンピックスポーツポークが見えてきたがすんなりとは着かずに、ぐるーーっと走ってやっと第3関門3:34:48に着いた。まずはエイドで水をガブッと三杯!水も浴びた!とにかく暑い!エイドを済ませて、日陰を求めてデポテントへ行くとこの暑い中、妻と息子が待っていてくれた!家族からの応援にはなによりもパワーがもらえる!
f0225414_0134491.jpg


ハイドレに水1LとジェルX2と一応夜間走行に備えてライトを詰め込んで15分ほどレスト。いよいよ最後で一番長いセクション3へ進みます!

セクション3は野沢温泉スキー場をぐるーっと、くまなく回るコースだ。時間も2時過ぎで、一番暑い時間に突入!しかも、上ノ平高原のキャンプ場までは日陰も無く、ゲレンデの上りもキツイ!全然走れ無かった。(34℃だった。。)
f0225414_0471675.jpg
f0225414_04746100.jpg


やっとのおもいでキャンプ場に着いた。標高も上がったて少しだけ気温が下がって少しずつ走れるようになってきた。
f0225414_122314.jpg


キャンプ場を過ぎて淡々と走って第4関門のやまびこ駅のエイドに到着。バナナ、水、ジェルを食べて早々にエイドを後にした。。後はゴール目指して走るのみ!最初は気持ちいいトレイルだったが、途中から嫌になるほど長ーいロード。足の筋肉はすでに終わっていて、特に足底筋がかなり痛かった。。 淡々とロードを走って最後のトレイルへ!痛みに耐えながらやっと温泉街に出てきた。
f0225414_1534898.jpg

温泉街からゴールまで緩い登りが続く。沿道からの声援もあって、最後の力を振り絞ってゴールまで走り通した!!そして、ついにゴール!!

タイム:12:48:11

総合順位:89/161

30代:42/67

ゴール後&表彰式につづく。。。
「第一回SALOMON the 4100D マウンテントレイル in 野沢温泉」に参戦してきました!

2010.7.17 荷物を車に積んで大会会場の野沢温泉へ出発。二時間ほどで、受付会場の「オリンピックスポーツパーク」に到着。
f0225414_22263631.jpg

 
思いのほか、あまり人がいないような・・・。サクッと受付を済ませます。スタッフの話だとこの会場の上がスタート&ゴールみたい。早速、スタートを見に行くと広いグランドに立派なゲートができてた!
f0225414_22384210.jpg

f0225414_2240985.jpg

f0225414_2240354.jpg


ぐるりと会場、出店など見て回って外にいると暑いので、2泊お世話になる民宿「山口」へ。。しかし、ここの宿の旦那はビックリするぐらい、まったくやる気の無い人だったなー。でも、女将さんの夕食はサイコーにうまかった!

17:00から、開会式、コースガイダンス、ウェルカムパーティ。 コース説明では、熊鈴は絶対に付けろ!との事、マジでかなりの熊が出没するらしい。
f0225414_2323268.jpg

f0225414_205772.jpg

ウェルカムパーティーでは温泉饅頭など甘いものがメインだった。ちょっと期待しすぎた。。。
f0225414_2363027.jpg


あとは、宿に戻って温泉に浸かって明日の準備をして、就寝。。。

2010.7.18 レース当日。
なーーーんと!!超寝坊!!妻と息子を叩き起こして、急いで会場に!なんとかギリ4分前に着いてデポテントに荷物を置いてスタートラインに、もちろん最後尾。
f0225414_23234620.jpg


この大会はセクション1,2,3に分かれていて、必ずスタート地点に戻って来てから次のセクションに進むルール。なので、補充食、ジェル、水、などはデポテントに置いてセクションごとに補充していけば、必要最小限の持ち物でレースができるシステム。

7:00いよいよスタート!先頭集団はあっという間に霧の中。すぐに見えなくなった。。65Kなのでマイペースで行きます。
f0225414_23504475.jpg

浅草キッドの玉ちゃん。9月にこの大会の特番があるみたい!
f0225414_23532525.jpg


セクション1。野沢温泉街を声援を受けながら、ぐるっと走る。結構なアップダウンがある。
f0225414_00094.jpg

オリンピックスポーツパークの脇を通って赤滝登山道を目指して淡々と林道を走る。
f0225414_0111394.jpg

トレイルに入ると、一気に森深い、ジャングルみたいだった。
f0225414_0314732.jpg

f0225414_0333991.jpg

沢を何度かバシャバシャ渡ったり、クライミングしたりとアドベンチャーなトレイルを気持ちよく走る!
f0225414_0415838.jpg

f0225414_055424.jpg


毛無山山頂に到着。
f0225414_0584871.jpg

景色がサイコーだ!ここからスキー場を下って、第一関門に向けて気持ちいい下りー!
f0225414_16062.jpg
f0225414_162972.jpg

3K程下っていくと、第一関門に到着。
ここのエイドステーションで、バナナ、オレンジ、おにぎり、水3杯をいただいた。休憩も程ほどに先を急ぎます。
f0225414_1124053.jpg


この先のトレイルがとってもテクニカルでガレ場に、浮石だらけの場所に、苔と濡れた岩場で滑る!滑る!
集中して下っていきます。

危険ポイントを過ぎたら、またゲレンデをひたすら下る。
f0225414_1311446.jpg

まだ10時ぐらいなのに、この辺りからだんだん暑くなってきた。。アスファルトの照りかえしも暑いー!
f0225414_1351279.jpg


淡々と走って。第二関門に3:56:29で到着!
f0225414_1421768.jpg

デポテントでジェル&水の補充をしてエイドステーションでバナナ、オレンジ、を頂いて。

次のセクション2に!
今年初レースとなる「第12回北丹沢12時間山岳耐久レース」に参戦してきた!
「国内三大レース」の一つに数えられるこのレールは、過酷なレースとして有名。
今、自分のレベルがどんなものなのか確認する為と、どれほど過酷なレースなのかを身をもって確認してきた!
f0225414_2162955.jpg

f0225414_2315077.jpg

ずーっと降っていた雨もスタートの時にはすっかり止んでお日様も出てきてだんだんと蒸し暑くなってきた。

7:00 スタート。いきなりの20度はある急斜面のロード!坂道がかなりキツイ!心拍数もイッキに200オーバー!10kmほどのロードを走る。
f0225414_251394.jpg

f0225414_2232512.jpg

8:40 ようやく「立石建設」の給水場に到着。すでに気温も上昇、なによりも湿度がハンパなかった!汗が滝のように出てくる!出てくる!

ここから1つ目の山越え「県境尾根分岐」の10kmの登りの始まり。「鐘撞山」手前辺りでかなりの渋滞。
f0225414_2222828.jpg


9:50 「県境尾根分岐」到着。ここから第1関門めざして激下り!前日の雨でトレイルはグチャグチャ、田んぼの中を走ってるみたいで凄いことになっていた!

10:20 第一関門の「神ノ川ヒュッテ」到着。すでに水場は人でごちゃごちゃ、水を二杯がぶ飲み、バナナと塩もみしたキュウリを頂いて5分ほどレストして先を急いだ。
f0225414_2225812.jpg


ここから二つ目の山越え「日陰沢源頭」までの緩い登り、登りきってから今度は8kmの緩い下りのロードがえらく長く感じた。

12:08 第二関門の「神ノ川園地」に到着。ここにきてお腹の調子が悪くなりトイレへ。。。スッキリして出てみれば結構な「トイレ渋滞」を作ってしまっていた。ゴメンナサイ。。。
休憩もそこそこに3つ目の登り、「姫次」への登りに向かう。最後の登りの為に、多少は足を残していたつもりだったが、マジでキツくて辛かった。。
走れる場所はほとんど無くずーっと淡々と登り。登り。登り。マジで心が折れそうになったが、なんとか「姫次」
に到着。

こんな所ですごい事に給水場が設置されていた!!後で聞いた話によると大学の山岳部の方達が標高1433mまで水を担ぎ上げてくれたそうだ!一人1コップまでだったがサイコーにおいしい水だった!!

残すは、ゴールまでの10kの下り!残っている足の力をすべて出し尽くして下るのみ!!
この下りでかなりの人を抜いた。それでもやはり10kの下りはキツイかった。。。「平丸」についた時には泣きたくなるほどの太ももが痛かった。
それでもなんとか、歩かずに走ってゴーーール!!

f0225414_2522128.jpg

タイム 7:53:35
種目別順位 287/602
総合順位 516/1191

さすがは「国内三大レース」の一つだけあって、とっても苦楽しいレースだった。
今回、初めてキタタンに参戦してみて感じた事は、当たり前の事だけど日々の走りこみは凄く大事だと感じた。月150kmぐらいしか走れていなかったが、もっともっと走り込まなければいけないな!
来年は、6時間以内を目標にして鍛え直してまた参戦するぞ!



川でアイシング。気持ちいいーー!
f0225414_302533.jpg


人気ブログランキングへclick!
田中正人氏がプロデュースの『スズキ サロモン X-Adventure シリーズ The 4100D マウンテントレイルin 野沢温泉』にエントリーした!!

総距離/65km
累積高低差/4100m
最大高低差/1258m
最高地点の標高/1650m
制限時間/24時間
真夏の7月にこの内容のレースは間違いなくキツイです!。超ドMなレースです!。
でも、より過酷なトレランレースに参戦して「身体」「精神力」を鍛えたいと思います。

レースまであと1ヶ月、どこまで仕上げられるかな…。トレーニング頑張らなくては!

真夏の7月のレース「キタタン」と「野沢温泉」ガッツリ楽しむぞ――!(°□°;)!
GWでの暴飲暴食で肥えた体を引き締めに今日は、角田山にトレイルランに行ってきた。
標高481.7mの低山なのだが角田山は『おむすび型』の山なので平坦な所が殆ど無く、登りと下りしかない…。
まぁ。トレーニングにはいい山だ!


桜尾根入りコース→頂上→ほたるの里コース→五りん石コース→頂上→稲島コース→湯之腰コース→頂上→灯台コース


10:12 出発。
角田浜に車を停めてストレッチ&テーピングを済ませて『桜尾根入りコース』から出発!
いきなりの急登!心拍数も一気に170越え。。
f0225414_2221838.jpg

f0225414_2231265.jpg

10:49 頂上到着。
今日は時間も早いからまだまだハイカーも少ない。
f0225414_2234069.jpg


『ほたるの里コース』の下り。ここのコースは比較的に走りやすい。
f0225414_2241765.jpg


11:17 『ほたるの里コース登山口』到着。 ここから車道をグルっと通って『五りん石コース』登山口に向かう。
f0225414_2245142.jpg


11:34 『五りん石コース』登り。
f0225414_2254482.jpg

f0225414_2261383.jpg


道なき道をガシガシ!進みます。
f0225414_2264725.jpg

f0225414_2275596.jpg


12:11 頂上到着。
時間的に丁度お昼時で皆さんお弁当を広げてランチタイム。自分もここで15分ほどレスト、ジェルで栄養補給。
f0225414_2293446.jpg


12:23 『稲島コース』下り
1kmほどの急な木道と1kmほどのガレ場を激下り!ここはかなり集中して下らないと足首を挫いてしまいそう。しかし写真で傾斜具合を伝えるのってどうしたらうまく伝わるんだろ…。
f0225414_22247100.jpg

f0225414_22111890.jpg


12:33 『稲島コース登山口』到着。
ここからまたまた車道をグルっとまわって『湯之腰コース登山口』に向かいます。
f0225414_22115024.jpg


13:10 『湯之腰コース登山口』登り。
f0225414_22122375.jpg

キツイ登り。足がガクガクしてきた…。木道…多すぎ…。
f0225414_2213279.jpg


13:40 頂上到着。10分ほどレスト。次は今回最後の下り、『灯台コース登山口』に向かう。
ここも走りやすいダブルトレイル、灯台コースの眺めはサイコーだ!
f0225414_2215062.jpg

f0225414_22165298.jpg


14:09 『灯台コース登山口』到着。
f0225414_22172281.jpg


今回の総距離は22kmぐらいだった。シングルトレイル、ダブルトレイル、車道、林道、ガレ場 色々なセクションがあっていいトレーニングになった。時間的に全てのコースは回れなかったが、今度はもっと早起きして全てのコースを回ってみようかな!

人気ブログランキングへclick!
「Patagonia Happy Trail in 千葉」に参加してきた!
今回の開催場所は、房総半島の山々の安房高山、三郡山を経由してのトレイルラン。

10:00 木更津駅 

集合場所の木更津駅に到着。だんだん参加される人が集まってきた。しかも今日は潮干狩りの解禁日らしくクーラーボックスを持った人がいっぱいいた!
f0225414_020594.jpg
f0225414_0215624.jpg


12:00 トレイル入り口

駅から路線バスでトレイル入り口まで移動。まずここで石川さんの挨拶とみんなでウォーミングアップと入念にストレッチ大会。
f0225414_0401785.jpg


いよいよトレイルに入っていきます!風が結構強かったけど、天気もメチャメチャ快晴!
途中、所々で石川さんによるトレイルでの基本知識、上り下りの走り方、またはトレイルでのマナーの勉強、みんな真剣です。
f0225414_0591191.jpg
f0225414_0593232.jpg


かなり細いシングルトラックをどんどん進んで行きます。これが結構、危険な尾根道だった!両サイド切り立った絶壁。。。
f0225414_115066.jpg

一度車道に出てまたトレイルに戻って、程なくすると、
f0225414_1265076.jpg

安房高山に到着。展望サイコー!
f0225414_1242563.jpg


皆で記念写真を撮って、次は「三郡山」目指してスタート。
下りサイコー!気持ちいいー!
f0225414_1395549.jpg

f0225414_1454234.jpg


三郡山入り口。ここは距離があまり無いという事で、一気に駆け上がった!!乳酸地獄!
f0225414_1543081.jpg

ピークを踏んだ後はひたすら長ーい尾根道。
f0225414_275223.jpg

快調に進んでいったら、いきなり石川さんが「あれっ?道が違う!?」。。時間も押していたので巻き道で進んでいたら間違えてしまったらしい。でもすぐに元のコースに戻れて一安心。

またどんどん進んで最後には予定に無かった川渡り!
f0225414_2264298.jpg

冷たくて気持ちいいー!
f0225414_227137.jpg


途中ちょっとしたハプニングもあったりして、時間の都合で当初の予定より少ない距離だったけど15kmぐらい気持ちよく走れた。今回参加してとても勉強になったし皆様と大勢で走れてとても楽しかった。何よりも石川弘樹さんは一人一人に気を配ってくれるし、とても丁寧だ。トレランへの情熱もすごい。男の自分でも惚れてしまいそうだ!!楽しい一日だったぜ!


Happy Birthday!!
f0225414_2513783.jpg


人気ブログランキングへclick!
奥宮俊祐さん初プロデュースの奥多摩巨岩渓谷トレイルランレースに行ってきた。
f0225414_23172282.jpg

が!しかし!奥多摩に4月に、40年ぶりのかなりの雪が降ってしまい残念ながら中止になってしまった。。。
レースは無くなってしまったけど、奥宮さんの講習会&ファンランがあるとの事で参加してきた。

まず、受付を済ませて9時から講習会に参加。
f0225414_23221896.jpg

奥宮さんによる講習。トレランの基本的な事を色々学んだ!
f0225414_23372193.jpg
f0225414_2327872.jpg

その後は、奥宮さんお勧めの絶景ポイントに移動。
f0225414_2347217.jpg

スリル満点!多摩川の源流も見てきた、水がうまい!
f0225414_23532219.jpg
f0225414_235346100.jpg


次は午後からの10Kコースの一部を使ってのファンラン。参加人数は100人程居たのかな?。
f0225414_001548.jpg

いきなり、ヤバイ急登!前日の雪でグチャグチャ、ツルツル・・・トレイルのコンディションは最悪。でも、
皆で自己紹介などしながらトレイルを進んでいく!奥多摩のトレイル最高!こんな急登でも、さすがは奥宮さん普通にしゃべりながらガンガン!登っていきます。
f0225414_0232976.jpg
f0225414_024012.jpg

登りの次は、下り。気持ちイイ下りを皆で激下り!皆さん早えーーー!!
f0225414_0373374.jpg
f0225414_038897.jpg



下り終わって、ここでセッションは終了。
この後は参加者みんなで「超豪華景品をめぐってのジャンケン大会!
私はというと!・・・ジャンケンにはかなり弱く、一個もゲットならず・・・。ジャンケン大会も終わり閉会式も終わり、色々な悔しさを残しながらも今大会は終了。
来年は必ず第二回奥多摩巨岩渓谷トレイルレースの開催の成功を願って会場を後にしました。
奥宮さん、スタッフの皆さん、参加された皆さん、本当にお疲れ様でした!!

人気ブログランキングへclick!