信越五岳トレイルランニングレース 2011,9,23-25

2011信越五岳トレイルランニングレース に今回もチャレンジしてきました!!
f0225414_02311.jpg




14:00にレストランハイジに到着。受付を済ませてブースをぶらぶらしたり、知り合いの方と談話。一度今日の宿に行って、カーボパーティー後にバタバタしたくなかったので、レースの支度をほぼ終わらせといた。
再びレストランハイジへ。。。
f0225414_1191458.jpg


当日テーピングしている時間は無いとのことだったので、少し早いがニューハレの芥田さんに膝のテーピングを「念」入りに張ってもらった(笑)

17:30からはカーボパーティー!どれもウマい料理が盛り沢山。ワインやビールもいただいた。御馳走様です!
f0225414_05426.jpg


地元の女子高校生?!の太鼓の演技なんかもある。これがまた凄くて建物が揺れるぐらいで、圧巻の一言。息子と一緒に前にでて見入ってしまった。
f0225414_064334.jpg


息子と嫁さんがあのジェン シェルトンと共演!
f0225414_072142.jpg


レース当日
3:30に起床。今回三回目を迎える信越五岳は台風の影響で雨の中のレースになるかと思ったがレース当日にはなんとか天候は回復。

今年も自分なりに目標を立ててみた。

◆16時間以内にゴールする。
◆4Aから5Aの上りを歩かない、立ち止まらない。

今回の信越五岳は本気で頑張ってみることにした。エイドでの休息も必要最小限にして、少しでも多く走ることを心がける事にした。あとは、いままでのトレーニングで自分がどのくらいパワーアップしているかが楽しみだ!なんとしても目標を達成したい!

Start!5:30
石川弘樹さんの合図と共に一斉にスタート!だいぶ気温が低かったがすぐに暖まると思いウェアの上には何も着ずに走り出した。まだまだ序盤、あまり心拍が上がらないようにゆっくりと走る。斑尾エリアは緩めのアップダウンが続いて気持ちよく走れるエリアだ。途中、蜂の襲撃!前を走る人が刺されて、蜂が群がる中を走り抜けるのは恐ろしかった!自分はなんとか刺されずにすんだ。

1A 7:22
バナナ、パワーバー、水を一杯頂いて斑尾山の登りだ。パワーバーをかじりながら登っていく。前回、前々回に比べると明らかに楽に登れている。景色も楽しみながらガンガン登った。スキー場のダウンヒルは慎重にゆっくりと下った。もうすぐ次のエイドだ。エイド手前でシバさんとハイタッチ!

2A 8:16
ここはアシスタントポイント。嫁さんにジェルのフラスクの入れ換え、ボトルにドリンクを詰め替えてもらう間に、エイドではバナナ、パワーバー、水を三杯頂いて素早く再出発。トレイルの一部は前日まで降った雨でグチャグチャ!所々川になっていた。前後のランナーはすっ転んで泥だらけの人も多数いた。私はタロン212のお陰でなんとか転ばずにはすんだ。3Aまでの14.6キロは思わずとばしたくなる所だが心拍数を見ながら少し押さえ気味で確実に走った。袴岳の登りはパワーウォークでなんなく登りきった。
f0225414_1204050.jpg


3A 10:03
いつもより早く到着しているせいかまだランナーが少ない。エイドではバナナ、パワーバー、レモン、水を頂いた。息子&嫁さんの応援を貰いながら、休まずに素早く走り始める。
前半の一番苦しいポイントの関川沿いの約7キロ。今年は途中に施設エイドあり、大きな太鼓を叩きながら応援をしてくれていた!麦茶を一杯。これは嬉しかった!そして歩くことなく走りきり再びトレイルに入る。最初の登りこそキツイものの走れるアップダウンが続く。ひょこっと4Aに到着。

4A 11:41
アシスタントポイントなので嫁さんにジェルフラスクの入れ替えとドリンクの補充をしてもらっている間にエイドで食べまくり!ボランティアスタッフのAさん。応援に駆けつけていたお友達のあこさんにパワーを貰ってエイドを出発!

観光客がいっぱいの気持ちいいコスモス畑を遅いながらも走るがやっぱりここはつらかった。途中で関西から参加のおっちゃんに私の脚のテーピングを見て「お!阪神カラーやな!」その後、おっちゃんと話をしながらしばらく走った。林道に出てからは歩いたり走ったり、、三人に抜かれた。。今年の目標の一つにしていた「4Aから5Aの上りを歩かない、止まらない」は達成できず。。橋を渡って発電所のキツイ登りは短いと解っていたので難無く登りきり、笹ヶ峰のクロカンコースに出る。ここで前後していた「チームぴれきち」の方とお話ししながら走った。途中で右足の裏に小石でも当たっているような違和感が出てきた。。若干痛みもある。いやな予感。。

5A 14:01
乙見湖のエイドではドロップバックが利用できるが今年は利用せず全て嫁さんに用意してもらった。ジェルフラスクの入れ替え、ドリンクの補充をしてもらう。その間にここでもエイドでガッツリ食べまくりで栄養補給!毎回5Aでは着替えたり超ゆっくりレストしていたが今回は着替えなどは全くせずにタイムを稼ぐ。
ボランティアスタッフのぴらさん、トモさん、ペーサーで控えていたハセリョーさんにパワーをもらう!長く休みたい気持ちを抑えて5分程でエイドを出発!!
f0225414_1215140.jpg


5Aを出てすぐの急な階段を上がってそこからしばらくはフラットな木道で気持ちよく走れた!ここも大好きなポイントだ。バランスを取りながら淡々と走った。しばらくするとジャリジャリの林道になる走ったり、歩いたりの繰り返ししかも誰とも会わずに完全に一人旅だった。こんな時にペーサーが居てくれたらとっても心強いんだろうなと思った。
給水だけできるポイントに到着。水を一杯頂いた。ここでもボランティアスタッフをしているお友達のシダさん、ドラえもん(タカえもん)にパワーを貰って、黒姫山の登りに入った。黒姫山エリアはシングルトラックで毎回グチャグチャのトレイルなのだが、今年は一段とぬかるんでいた、木の根や苔の生えたガレ場で走りづらい場所だ。このあたりから脚に疲労が出てきて段々辛くなってきた。しかも治ったと思っていた、春に傷めた左足首にも痛みが出てきた。
そして、古池に出てきた。三回目にしてやっとまだ日があるうちに来れた!戸隠山もバッチリ見えた!嬉しかった!
しばらくロードを走って程なく6Aに到着。

6A 16:32
ジェルだけだと腹持ちが悪く腹が減る。ここのエイドでもいっぱい食べた!温かいみそ汁がウマい!!三杯もおかわり!一口おにぎりも6個も食べた。トイレも済ませて10分程レストした再び走り始めるも走り出し初めは脚がかなり重かった。トイレでしゃがんでたのが効いたみたいだ。。。
ロードを淡々と走って再びトレイルに入る。フラットでずっと続く一直線のトレイルで気持ちいいポイントだ。6A手前から前後していたペーサー付のランナーと話しながら楽しく走った関西の人は笑かしてくれて痛みも吹っ飛んでしまった!(笑)
パワースポットの戸隠神社の参道にはまだ沢山の観光客がいていっぱい声援をもらった。1キロ程の参道を走りきってやろうかと思ったが脚が痛くてあまり走れなかった。しかし、ここの誘導スタッフのお姉さまは超元気だったなー!

7A 17:29
パワーバーとバナナを2つ握りしめ、食べながら小走りでエイドをすぐに出発。ここからある思いが出始めた。「もしかして16時間切れるかもしれない」そんな思いを抱きながら淡々と進んだ。あたりも薄暗くなってきてヘッドライトを付けて、一部車道と、別荘?民家?の脇道を進んでいく、去年はここの区間は長く感じていたが今年はそれ程長くは感じなかった。それでも足は超痛くて辛い。すると8Aの明かりが見えてきた。。

8A 18:22
最後のアシスタントポイントのエイド。ここでもジェルフラスクの入れ替え、ドリンクの補充を嫁さんに頼んでいる間に私は栄養補給!あったかいコンソメスープが旨かった!一口おにぎりもモリモリ食べた。このエイドのメインは蕎麦だ!蕎麦を貰って食べようとしたら、
息子「食べるー!ちょうだい!」。。。全て食べられてしまった(笑)もう一杯貰おうかと思ったが後続の人の為に遠慮しときました。。立ち止まると寒くてガタガタ震えてきたのでフーディニを着込んだ。エイドを出る前に嫁さんと息子に「10時までに必ずゴールする。一緒にゴールしよう!」と告げて再出発。
f0225414_122171.jpg


エイドで10分ほど立ち止まっただけなのに脚の筋肉が硬直して一歩踏み出すごとに激痛が足にはしる。血液が循環すれば痛みもしだいに無くなると思って痛みに耐えながら先を急いだ。
この大会で一番標高の高い瑪瑙山のポイントでいよいよ最後の上り。スキー場を立ち止まることなく淡々と進んでいってふと振り返ると、7Aの辺りにランナーのヘッ電でラインが出来ていて綺麗だった。そして夜空を見れば満点の星空。癒された。。やっと瑪瑙山の頂上に着いた。ここからは長い下りの始まり下りはもう限界で超スローペース。ここの下りだけで4人位に抜かれてしまった。そして、最後の給水ポイントにやっと到着。長かった。。
ラストスパートに備えてベスパハイパーと水を一杯飲んで勢いよく走り出す。あと林道を7キロ走ればゴールだ!残っている力を全て出し尽くして走った!マジで脚がぶっ壊れるかと思うぐらい走った!口から心臓が出るんじゃないかと思うぐらい全力で走った!「残り3キロ」の標識が出てきたときは思いっきり叫んだ!瑪瑙山の下りで抜かれた4人も全て抜いていってもう一人抜いていった!後でデータを見たら最後の7キロの林道はキロ4:50で走っていた。心拍もMAX175bpmだった!「あと、1キロ!」の標識を確認してから時計を見て、このままのペースで行けば確実に15時間代でゴールできる!
全ての力を出し尽くして最後の超緩い坂を気合いで走っていよいよゴールのアナウンスが徐々に聞こえてきた!
ついにきた!ゴールゲートが目の前に現れ思わず歓喜の雄叫び!!「ヨッシャー!イェーイ!」そして息子の名前を大声で叫びながらゲレンデを下る!
f0225414_0484082.jpg

三人で手をつないでゴーール!!!!

GOAL! (15:46:48)

ゴール後はへたり込んだらしばらくは動けず、呼吸を整えるも過呼吸で全身が痺れていた。ゴール会場には23時?ぐらいまでいて仲間のゴールを出迎えた。続々とランナーが帰ってくる、長旅を終えてゴールした選手はみんな素晴らしくいい顔だ!!!
f0225414_0405182.jpg

宿に帰ってきて熱い風呂に入ってあっという間に爆睡。。。

表彰式

男子優勝はぶっちぎりで相馬剛さんが優勝。女子の優勝は二位と2時間の差を付けてジェン シェルトンさんが優勝した!
嫁さんが言うにはジェンのストライトが広く、そしてすごく早かったらしい(笑)
f0225414_0322929.jpg

ジェンとのスナップ。緊張しすぎじゃね?!(笑)
f0225414_0334133.jpg

サインもちゃっかり貰った!
f0225414_0381448.jpg



ボランティアの方、大会関係者の方、応援に駆けつけてくれたお友達、本当にお疲れさまでした!ありがとうございました!
そして最後までフルサポートしてくれた嫁さん&息子にマジで感謝!!

総合順位:58位
男子順位:51位
タイム:15:46:48
出走者:580人
完走者:430人
完走率:74.1%


今回も大会が終わって思ったことはやっぱり信越五岳最高!!だった!。そしてまた来年も出たいと思った。また一年後「誰よりも山を思いっきり楽しむ!」をモットーに更にパワーアップして帰ってきたいと思う。
by hannbe310 | 2011-10-01 01:29 | トレラン | Comments(2)
Commented by usako_sasashin at 2011-10-01 06:55
速かったですね。家族みんなで楽しめる信越、最高ですね。
Commented by hannbe310 at 2011-10-02 13:07
sasashinさん。

こんにちはー。今回は頑張って見ました!信越五岳はやっぱりサイコーです!またハセツネでおあいしましょう。